ブログトップ

ayapancake land

ayapancake.exblog.jp

冬の京都1

早朝の
清水の舞台からごきげんよう〜!!

c0222338_22304324.jpg



ココに私いますけど、
見えます(笑)?





先日、母と冬の京都へ行ってきましたよ。




本当は
雪がうっすら積もった色っぽい京都を見たかったのですが、
梅も桜も咲いていて、完全に春でした(笑)。

c0222338_21194493.jpg




今回の旅の目的のひとつは、
普段はお目にかかれない非公開文化財などを
鑑賞すること。




東寺や建仁寺、知恩院などで仏像や襖絵を観ました。



六波羅密寺では
教科書でよく見かけた「空也上人像(写真右)」を
生で見ることができて感動!!


c0222338_21205174.jpg



高校生の時、
口から阿弥陀仏が出ているこの姿がインパクト大で、
非常に気になる存在でした。





六波羅密寺には、生年月日と性別から出してくれる
おみくじがあります。




当たるらしいので
「きっと喜んでくれるに違いない!!」と思い、
友人の分も買いました。




しかし、しばらくして
おみくじは悪いことが書いてある場合もあるし、
お土産にするなんていかがなものか・・・と少し後悔することに。





でも、ま、つべこべ言わずにあげることにしました。






あとは、東福寺のモダンな庭園や枯山水の石庭を堪能。

c0222338_21464257.jpg







そして、大好きな先輩にお会いすることができました。




先輩には5年ぶりくらいにお会いしたのですが、
相変わらず、明るくて聡明で素敵な女性。
憧れます。




先輩の女の子の赤ちゃんを見ていたら、
aikoの「瞳」という曲を思い出しました。




aikoが友人の子供が生まれた時に作った曲です。




先輩のうちからの帰り道は「瞳」を聴きながら、
夕ご飯のお店まで歩きました。
[PR]
# by ayapancake | 2011-03-01 23:17 | travel

中国茶(入門編)

昨日、「茶趣茶楽」という台湾茶のお店で




お店のオーナーによる中国茶入門講座を受講してきました。





今回は3種類の烏龍茶をメインに、
その歴史から淹れ方、愉しみ方までを丁寧に教わりました。



c0222338_1224736.jpg



高山地帯で栽培された練乳のようなやさしい甘みのある
「阿里山金萱茶」。




昔ながらの伝統製法(中発酵・焙煎)にこだわってつくられた奥深い風味の
「凍頂烏龍茶」。




今回一番驚いた製法で、紅茶に近くてフル−ティーな
「東方美人茶」。







台湾には茶芸文化があるそうです。





まずは烏龍茶の香りを聞くために
「聞口杯」という細長い杯にお茶を注ぎ、それから隣の杯に移します。

c0222338_1385534.jpg



空になった細長い杯に空気が入るようにゆっくり左右に振って、
杯に残った香りを愉しみます。




その後、隣の杯に移したお茶の味を愉しみます。




その茶葉独特の香りはもちろんのこと、
1杯目、2杯目、3杯目とその都度
細長い杯の残り香が変化するのを感じることができます。











日本人はお茶の香りをじっくり愉しむという
発想はあまりないので、
とっても新鮮。
しかも器の残り香を!!
味覚重視主義者には衝撃的です。




さてさて、




凍頂烏龍茶は、
コンビニでもペットボトルが売っていますから有名ですよね。
夏場はお世話になりました。






凍頂烏龍茶は
喉元にほうじ茶のような苦みがしばらく残った後に
ふわっとした甘みが戻ってくるのが
特徴だそうで、







それを「回甘性(フォイカン)」と呼ぶそうです。






確かに意識して飲むと「回甘性」が喉のあたりで繰り広げられます。
この「回甘性」がしっかりあるものはと品質がよいと
されているそうです。





そして、
今回、製法にストーリー性があった東方美人茶。






東方美人茶は、
ウンカという夏に発生する稲の害虫に茶葉を噛ませるという
独特の製法だそうです。
だから農薬や化学肥料など一切使用しないとのこと。




ええ〜っ!!
虫が茶葉を噛んでるなんて気持ち悪い!!と思いますが、
ウンカの分泌液が出ることによって個性的な香りが
生まれるそうです。





そもそもは、ウンカに噛まれて失敗作だったにも関わらず、
生産者が生活のためこっそり出荷したところ、
独特な風味と甘い香りが注目され、
一気に人気が出たそうです。






だから、別名「ほらふき茶」と言うそうです。






ストーリーは東方美人茶の方が面白いけれど、私の好みは凍頂烏龍茶でした。





早速、明日は凍頂烏龍茶で「回甘性」の嵐を呼ぶわよ!






レシピがなかなか載っていない烏龍茶のチーズケーキ。
c0222338_237309.jpg


これが作りたい。
[PR]
# by ayapancake | 2011-02-25 03:01 | eating

冬の〆は

最近、晴れの日が多くて心弾みます。




長い関越トンネルを抜けて、
眼前にぱーっと晴天が広がる群馬県に入った時のような感じです。




一日も早い春の訪れを祈念して、
昨日から手袋を封印しました。






先日、冬の締めくくりとして、
くしぴとチーズフォンデュを食べに
「NIWATORI CAFE」へ。





トマトチーズフォンデュ

c0222338_102792.jpg




プレーンとトマトの二種類がありますが、
トマトの方が味が濃厚でとろ〜り美味しいんです。
サーモンピンクが食欲を刺激します。





チーズフォンデュって
パンや野菜などをつけて食べるのが定番ですが、
パスタをつけて、つけ麺風に楽しむってどうでしょう?




つけ麺ファンとしてぜひご提案したい。





でも、食べにくいかな?うーん。









それと、今回美味しい飲み物に出会いました。




私の好きなしそ&ジンジャーが入った、こちらさん。

c0222338_10381939.jpg



名前はそのまま「シソジンジャー」。




シソの風味とジンジャーのピリリ感、ソーダが見事に融合してとっても爽やか〜。





シソリキュールってあるんですね〜。




もっと早く「シソレンジャー」に出会いたかった。





昨日もカルビをシソで巻いたな〜。



c0222338_115396.jpg




この壁の絵、
ニワトリだって言ってるのに、
くしぴは「これはたまごです。」って言い張ってました。
[PR]
# by ayapancake | 2011-02-19 11:14 | eating

Dear my Prince

コムサカフェのバレンタイン限定タルト
「Dear my Prince」です。


c0222338_21192665.jpg


現在、my prince は不在につき、
甥っ子と家族用に2個予約しました。





でも予定を変更して、
家族用を昨日美味しいケーキを作ってくれた
seaser & 牧と一緒にいただきました。





イチゴが大漁だ〜大漁だ〜!!





直径12センチのイチゴのタルトは中がチョコレートのババロア。





360度イチゴ!イチゴ!イチゴ!
よ〜く見るとイチゴがハートの形でかわいいんです。





土台のタルトがとってもビターですし、クリームも甘くなくて、
甘いものが苦手な男性が食べることを
前提に作ってくれているのがよく分かります。





そのような気遣いが嬉しい。






しかし、
せっかくの気遣いも空しく女3人で食べてしまいました(笑)。






私は二人に
「このタルトの名前ってなんだと思う?」と質問してみました。






・・・皆さんだったら、このイチゴ大漁タルトを見て
なんて名付けますか?
当然、バレンタインを意識したものですよ。






二人はう〜んと悩みながらも、





「ビーナス サプライズ!!」





うんうん、バレンタインのワクワク感は伝わってきます。






「イチゴの混乱!!」





イチゴはたっぷりだけど、混乱はしてないでしょ。






二人が全然当たらないので
私が正解を言うと「へえ〜」と言うものの反応はいまいち。
意外と普通だったかな?






私は、帰りに兄の家に寄り、
準 my prince(甥っ子)にあげたら最高に喜んでくれました。
満足です。





それでは、素敵なバレンタインをお過ごしくださいませ♪
[PR]
# by ayapancake | 2011-02-12 22:50 | sweets

洋菓子店コアンドル

今日、
母が映画「洋菓子店コアンドル」が観たいと言うので
一緒に行ってきました。


c0222338_2042892.jpg





「コンドルは飛んで行く」じゃないですよ〜。






ホント言うと、
私は「ソーシャルネットワーク」が観たかったんだけどな〜。







そんなわけで、
全然期待してなかったんですけど、
意外とハートウォーミングな映画でした。







蒼井優がマドレーヌの生地をつくるシーンがあるのですが、
その時、私の周りに
カスタードっぽい甘い匂いが漂ってきたんです・・・。






信じられないでしょうけど、本当です!!










ある晩餐会のデザート担当になった
伝説のパティシェ(江口洋介)がこう言います。








「料理は、俺たちの前座に過ぎない。






     最後に客を喜ばせるのは俺たちだ。」








そのとおり!!




喜ばせてほしいわ〜!!!





最後のデザートまで全力かどうかは重要です。
大きな喜びで締めくくりたいものです。









映画に出てきたケーキはどれもため息もの。






繊細で芸術的なケーキにうっとり。






この前食べたガレット・デ・ロアも出てきました。






そしたら今日偶然、
seaserさん&牧さんから
手作りガレット・デ・ロアをいただきました〜!

c0222338_19453467.jpg



ホールではなく、一人前。
この方がいろんな人にプレゼントできるからグーですね。





中のアーモンドクリームが濃厚ですごく美味しかった!!
クリームを単独で食べたいくらいよ。
パイもこれでもかっ!!ってほどサックサクしてました。





こんなに美味しいのだから、きっとあの人も喜んでくれるはずだよ。





ごちそうさまでした!!
[PR]
# by ayapancake | 2011-02-11 20:38 | sweets