ブログトップ

ayapancake land

ayapancake.exblog.jp

<   2011年 02月 ( 7 )   > この月の画像一覧

中国茶(入門編)

昨日、「茶趣茶楽」という台湾茶のお店で




お店のオーナーによる中国茶入門講座を受講してきました。





今回は3種類の烏龍茶をメインに、
その歴史から淹れ方、愉しみ方までを丁寧に教わりました。



c0222338_1224736.jpg



高山地帯で栽培された練乳のようなやさしい甘みのある
「阿里山金萱茶」。




昔ながらの伝統製法(中発酵・焙煎)にこだわってつくられた奥深い風味の
「凍頂烏龍茶」。




今回一番驚いた製法で、紅茶に近くてフル−ティーな
「東方美人茶」。







台湾には茶芸文化があるそうです。





まずは烏龍茶の香りを聞くために
「聞口杯」という細長い杯にお茶を注ぎ、それから隣の杯に移します。

c0222338_1385534.jpg



空になった細長い杯に空気が入るようにゆっくり左右に振って、
杯に残った香りを愉しみます。




その後、隣の杯に移したお茶の味を愉しみます。




その茶葉独特の香りはもちろんのこと、
1杯目、2杯目、3杯目とその都度
細長い杯の残り香が変化するのを感じることができます。











日本人はお茶の香りをじっくり愉しむという
発想はあまりないので、
とっても新鮮。
しかも器の残り香を!!
味覚重視主義者には衝撃的です。




さてさて、




凍頂烏龍茶は、
コンビニでもペットボトルが売っていますから有名ですよね。
夏場はお世話になりました。






凍頂烏龍茶は
喉元にほうじ茶のような苦みがしばらく残った後に
ふわっとした甘みが戻ってくるのが
特徴だそうで、







それを「回甘性(フォイカン)」と呼ぶそうです。






確かに意識して飲むと「回甘性」が喉のあたりで繰り広げられます。
この「回甘性」がしっかりあるものはと品質がよいと
されているそうです。





そして、
今回、製法にストーリー性があった東方美人茶。






東方美人茶は、
ウンカという夏に発生する稲の害虫に茶葉を噛ませるという
独特の製法だそうです。
だから農薬や化学肥料など一切使用しないとのこと。




ええ〜っ!!
虫が茶葉を噛んでるなんて気持ち悪い!!と思いますが、
ウンカの分泌液が出ることによって個性的な香りが
生まれるそうです。





そもそもは、ウンカに噛まれて失敗作だったにも関わらず、
生産者が生活のためこっそり出荷したところ、
独特な風味と甘い香りが注目され、
一気に人気が出たそうです。






だから、別名「ほらふき茶」と言うそうです。






ストーリーは東方美人茶の方が面白いけれど、私の好みは凍頂烏龍茶でした。





早速、明日は凍頂烏龍茶で「回甘性」の嵐を呼ぶわよ!






レシピがなかなか載っていない烏龍茶のチーズケーキ。
c0222338_237309.jpg


これが作りたい。
[PR]
by ayapancake | 2011-02-25 03:01 | eating

冬の〆は

最近、晴れの日が多くて心弾みます。




長い関越トンネルを抜けて、
眼前にぱーっと晴天が広がる群馬県に入った時のような感じです。




一日も早い春の訪れを祈念して、
昨日から手袋を封印しました。






先日、冬の締めくくりとして、
くしぴとチーズフォンデュを食べに
「NIWATORI CAFE」へ。





トマトチーズフォンデュ

c0222338_102792.jpg




プレーンとトマトの二種類がありますが、
トマトの方が味が濃厚でとろ〜り美味しいんです。
サーモンピンクが食欲を刺激します。





チーズフォンデュって
パンや野菜などをつけて食べるのが定番ですが、
パスタをつけて、つけ麺風に楽しむってどうでしょう?




つけ麺ファンとしてぜひご提案したい。





でも、食べにくいかな?うーん。









それと、今回美味しい飲み物に出会いました。




私の好きなしそ&ジンジャーが入った、こちらさん。

c0222338_10381939.jpg



名前はそのまま「シソジンジャー」。




シソの風味とジンジャーのピリリ感、ソーダが見事に融合してとっても爽やか〜。





シソリキュールってあるんですね〜。




もっと早く「シソレンジャー」に出会いたかった。





昨日もカルビをシソで巻いたな〜。



c0222338_115396.jpg




この壁の絵、
ニワトリだって言ってるのに、
くしぴは「これはたまごです。」って言い張ってました。
[PR]
by ayapancake | 2011-02-19 11:14 | eating

Dear my Prince

コムサカフェのバレンタイン限定タルト
「Dear my Prince」です。


c0222338_21192665.jpg


現在、my prince は不在につき、
甥っ子と家族用に2個予約しました。





でも予定を変更して、
家族用を昨日美味しいケーキを作ってくれた
seaser & 牧と一緒にいただきました。





イチゴが大漁だ〜大漁だ〜!!





直径12センチのイチゴのタルトは中がチョコレートのババロア。





360度イチゴ!イチゴ!イチゴ!
よ〜く見るとイチゴがハートの形でかわいいんです。





土台のタルトがとってもビターですし、クリームも甘くなくて、
甘いものが苦手な男性が食べることを
前提に作ってくれているのがよく分かります。





そのような気遣いが嬉しい。






しかし、
せっかくの気遣いも空しく女3人で食べてしまいました(笑)。






私は二人に
「このタルトの名前ってなんだと思う?」と質問してみました。






・・・皆さんだったら、このイチゴ大漁タルトを見て
なんて名付けますか?
当然、バレンタインを意識したものですよ。






二人はう〜んと悩みながらも、





「ビーナス サプライズ!!」





うんうん、バレンタインのワクワク感は伝わってきます。






「イチゴの混乱!!」





イチゴはたっぷりだけど、混乱はしてないでしょ。






二人が全然当たらないので
私が正解を言うと「へえ〜」と言うものの反応はいまいち。
意外と普通だったかな?






私は、帰りに兄の家に寄り、
準 my prince(甥っ子)にあげたら最高に喜んでくれました。
満足です。





それでは、素敵なバレンタインをお過ごしくださいませ♪
[PR]
by ayapancake | 2011-02-12 22:50 | sweets

洋菓子店コアンドル

今日、
母が映画「洋菓子店コアンドル」が観たいと言うので
一緒に行ってきました。


c0222338_2042892.jpg





「コンドルは飛んで行く」じゃないですよ〜。






ホント言うと、
私は「ソーシャルネットワーク」が観たかったんだけどな〜。







そんなわけで、
全然期待してなかったんですけど、
意外とハートウォーミングな映画でした。







蒼井優がマドレーヌの生地をつくるシーンがあるのですが、
その時、私の周りに
カスタードっぽい甘い匂いが漂ってきたんです・・・。






信じられないでしょうけど、本当です!!










ある晩餐会のデザート担当になった
伝説のパティシェ(江口洋介)がこう言います。








「料理は、俺たちの前座に過ぎない。






     最後に客を喜ばせるのは俺たちだ。」








そのとおり!!




喜ばせてほしいわ〜!!!





最後のデザートまで全力かどうかは重要です。
大きな喜びで締めくくりたいものです。









映画に出てきたケーキはどれもため息もの。






繊細で芸術的なケーキにうっとり。






この前食べたガレット・デ・ロアも出てきました。






そしたら今日偶然、
seaserさん&牧さんから
手作りガレット・デ・ロアをいただきました〜!

c0222338_19453467.jpg



ホールではなく、一人前。
この方がいろんな人にプレゼントできるからグーですね。





中のアーモンドクリームが濃厚ですごく美味しかった!!
クリームを単独で食べたいくらいよ。
パイもこれでもかっ!!ってほどサックサクしてました。





こんなに美味しいのだから、きっとあの人も喜んでくれるはずだよ。





ごちそうさまでした!!
[PR]
by ayapancake | 2011-02-11 20:38 | sweets

続・長すぎるロール

すでに、ご存知の方もおられるようですが、
こちら「長すぎるロール」です。


c0222338_20434550.jpg





恵方巻を意識したものではなく、
一年中長すぎです。






私の前任地、
新潟県三条市にある
「ビアンポポロ」というケーキ屋さんで売っています。






長さは50センチくらいでしょうか。
意外と重いんです。






真ん中にはプリンが入っていて、
生クリームは甘すぎず、
外周はクレープっぽい生地でマキマキされています。






長すぎて冷蔵庫に入らないので、
夏場はすぐにお召し上がりください。






お土産には非常に喜ばれるので、オススメです!!








ちなみに、
この「ビアンポポロ」はなかなかのチャンレンジャー。






ショーケースに入っている
オーダーのお誕生日ケーキが
これまた面白いのです。







たまたま撮った写真が
奇跡的に携帯に残っていたので、ご紹介します。





じゃじゃーん!!

c0222338_20562419.jpg



目を疑うでしょ?
まさかのラーメンお誕生日ケーキ!!!
あり得ない(笑)。






はるひとちゃん5才は
本当に喜んでくれたのかなぁ。






なるとやチャーシューがなかなか緻密ですよね。
あんかけっぽい質感、お見事。






ラーメンケーキを作ってほしいなんて、
かなりの無茶ぶりですよ〜、親御さん。






でも、お願いすればどんなケーキでも作ってくれる
頼もしいケーキ屋さん。






ピンチはチャンス!!ビジネスチャンス!!
さすが職人の街。













・・・てな感じで
まとめましたがよろしいでしょうか?先輩?





※ 知らない方はごめんなさい。
  先輩が「長すぎるロールケーキ」を記事にするよう
  私に命じたのです。
[PR]
by ayapancake | 2011-02-08 21:42 | sweets

yuming SURF & SNOW in Naeba vol.31

今年で31回目になるユーミンの苗場ライブ。
今年、初参戦してきました!!

c0222338_711262.jpg



新潟県内とはいえ、
バブルのころは「東京都湯沢町」と言われていたほど
首都圏からの方がたくさん訪れるリゾート地。





夕方に苗場プリンスに到着。
友人オススメの「WHISTLER CAFE」で夕御飯です。

c0222338_7123671.jpg

ゲレンデの一角にあるお店。
ドーム型のアルミテントがかわいらしい。




このお店なら、
ゲレンデのカフェテラスで滑るあなたに釘付けできます。





私は友人オススメのステーキ丼。
c0222338_7222655.jpg


お肉が柔らかくって最高!!
周りのお客さんもステーキ丼の方が多くて
一番人気のメニューのようです。




友人はタコライス。
c0222338_7272323.jpg




デザートにパンケーキがあったので、二人でオーダー。
カナディアン風を期待していましたが、運ばれて来たのは
意外とシンプル。


c0222338_7294061.jpg





シンプルでつまらなかったので、
友人がまたパンケーキアートをしてくれました。


c0222338_7315732.jpg





お味は・・・
このパンケーキは本場のメイプルシロップで味わうために
シンプルなのだ分かりました。
じんわり染み込んだメイプルシロップが美味しくて、
つまらないと言ったことを反省しました。







さてお腹もいっぱいになったところで、





前日もライブに参戦した友人から「SURF & SNOW」の
楽しみ方や注意事項を事前に指南してもらっていました。




<注意事項>

1、「SURF & SNOW」はメジャーな曲は歌わず、

  コアなファンが喜ぶようなライブである。



2、 ユーミンがお客さんを指名するリクエストコーナーでは、
 
   ユーミンの曲を松竹梅に分けたら、

  「松」クラスの曲をリクエストすると、
  
   せっかく指名されてもその場でユーミンに却下される

  (同時に会場はブーイングの嵐)。



3、 リクエスト曲が採用されたお客さんはステージに上がり、

   曲を選んだ理由、
  
   曲にまつわる興味深いエピソードなどを簡潔に話す。






お客さんは2000人近くいます。
まず当たらないと思いつつも、
一応みんなリクエスト曲とエピソードを用意してきているはずです。






私は「冬の終り」という曲を選び、
その曲を選んだ理由やエピソードを4パターン用意しました。







さあ、いざ緊張のリクエストコーナー!!






ユーミンは会場を右、中央、左に分けて各エリアから
1名ずつ選びます。





私は右エリアにいて、張り切って手を挙げました。





すると、ユーミンが明らかに私を見て
「そこの、髪の長いあなた。」




は〜〜〜っ!!
完璧、私だっ!!
ユーミンと目が合ってるーっ!!





と思い、緊張して固まってしまいました。





しかし次の瞬間、ユーミンが
「手が大きいあなた。」




・・・ん?私、手は大きくないな。




と思い、後ろを振り返ると
私の5列くらい後ろに白い大きな手が。





がっくり。





今回指名されたお客さんは素敵なエピソードとともに
「梅」の曲をリクエストして、ユーミンを満足させていました。







ちなみに左エリアからは仕込みのミッツマングローブさんが選ばれました。

c0222338_855589.jpg

[PR]
by ayapancake | 2011-02-06 09:22 | another

五十嵐邸ガーデン

c0222338_2130583.jpg





こちらは、新潟県阿賀野市にある「五十嵐邸ガーデン」。





c0222338_21325253.jpg






この五十嵐邸のお庭に明治時代に建てられた蔵があります。






その蔵を改築して、
パン工房、Bar、レストランになっています。






蔵の2階の個室で、
ちょっと前ですが誕生日会を開きました。





私たちの中でラストの誕生日ガール。





でも何回も人の誕生日会に出ているから、
気持ちはとっくに32歳になっていたよね。





は〜、一巡してまた私の番がきます。



c0222338_21412081.jpg









先日、「小さな村の小さなダンサー」という映画を観ました。





中国の貧しい家庭で育った主人公が、
中国のバレエエリートとしてアメリカ留学し、更に才能を開花。
しかし、中国政府から帰還命令が発令されてしまいます。





実在するバレエダンサーの自伝なんですって。





映画の中で一番印象的だったのは、相手を思う優しい嘘です。





主人公がアメリカで活躍し出すと、
彼に嫉妬するアメリカ人バレエダンサーが、彼に対し「チンク」(中国人を見下した言い方)
と言います。





勤勉な彼は辞書でその意味を探しますが、俗語なので載っていません。





彼をスカウトしたバレエ団のオーナーは彼にこう言いました。






「暗闇の舞台袖では、



カーテンの隙間から舞台の光が漏れてくるだろう。



その一筋の光、これをチンクと言うんだよ。



みんなは君に光を見ているのさ。」






彼がアメリカにやってきて、
舞台で萎縮することなく堂々と踊り、多くの人を魅了できたのは、
こういう優しい嘘をついてくれる温かい人々に支えられていたからですね。






主人公がその本当の意味を知った時、心から感謝するでしょう。







ハートがウォーミング系です。







バレエというと女性がメインのイメージでした。
でも、女性のバレエにはないダイナミックさが
男性のバレエにはあって
目が離せなくなるんです。






これはこれは生で観たくなりました!!






映画の主役を演じたツァオ・チー(英国バーミンガム・ロイヤル・バレエ団)は
5月に日本で公演があるんです。






彼のバレエをこの目に焼き付けたいよ〜〜〜!!
[PR]
by ayapancake | 2011-02-02 22:44